Podcast 20200307 預貯金の仮払い制度

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「凍結された銀行口座の預貯金の仮払い制度」の内容です

jfuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

亡くなって、銀行にその通達をしたら、今までは口座が凍結されてました。
しかし、そうなると主が亡くなると、当面の生活費が下ろせなくなってしまい、生活に困ります。

ただ、これは前借りでもありながら、遺産に手を付けたことになりますので、被相続人がもし多額の借金などを背負っていたら、相続放棄が出来なくなる恐れがあります。
これはすでに弁護士と税理士に確認しておりますので、生活費と遺産は違う財布からお願いしたいです。

Podcast 20200306 遺言の注意事項

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「遺言を書いているときの注意事項」の内容です

jfuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。
ちなみに、この3月6日のビデオを作っているときのエンドロールの「ご清聴ありがとございました」が「ありがとうござました」で「い」が抜けていたのに気づきました(笑)

さて、この注意事項は、どんな人が遺言書を書けるのかというお話と、きちんとエンディングノートを併用して書いていこうということです。

約20年くらいまでこの法律ですら差別がありました。
なぜこういう法律がこんな時代まであったのかが不思議でたまりません。

Podcast 20200304 遺留分

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「遺留分」の内容です
実は、この投稿をスキップして3月5日のを先にアップしてしまいました。

jfuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

遺留分ってナニ?

聞き慣れない言葉が羅列しましたね
一つ重要なのが  「遺留分」 (いりゅうぶん) と「法定相続分」
「遺」はゆいごん
「留」はとどめる
「分」はわける
はい、遺言を止めて、再配分するということです
そして遺言には3種類あります
  • 自筆証書
  • 公正証書
  • 秘密証書

それぞれ違います

Podcast 20200305 遺言の種類

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「遺言書の種類」の内容です

jfuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

やっと1年チョイ前に自筆証書遺言が手書きでなくて、パソコンで作成出来ることになりまして、すごく便利になりました。

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言書
  • 秘密証書遺言

この3つがあり、性質が違います。
遺言書はきちんと書いてください。
無効になることがありますので。

介護が必要かいらないか、理由も含めてきちんと書いてください。

Podcast 20200303 遺言書が必要?

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「どういう人が遺言が必要なのか」の内容です

jfuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

配偶者やお子さんへどう財産を配分したいか
遺言書が必要か必要でないか簡単なチェックシートがあります
チェックシートそのものはYES/NOで出来ています。

例えば、結婚してますか (YES/NO)
お子さんやお孫さんはいますか(YES/NO)
お子さんはお一人ですか(YES/NO))
財産を均等に分けますか(YES/NO)
誰か他に財産を分与したいですか(YES/NO)

などを通じてどれくらいで遺言書が必要かどうかです。
つまり配偶者やお子さんにどう財産を分配し、残したいか。

 

Podcast 20200302 相続とは

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「相続とは」の内容です

jfuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

遺言を書くには「相続」を知る必要がある

遺言を書きましょう!と昔やりました。
もうあれから10年以上前になるのかな。

実はIGON株式会社(現在、有限会社ワイ・イー・ワイで事業継承)で「遺言ツアー」をやりまして、弁護士、司法書士、税理士、フィナンシャル・プランナーと妻(一級葬祭専門士)を入れて初島でツアーを企画ました。

遺言と相続事業のポッドキャスト

現在、jFuneral.com にも書いていますが、ほぼ毎日音声ポッドキャストをsoundcloud.com にて配信しております。

音声ですが、YouTubeでも見れるようにこちらに掲載することにいたしました。
まずは、今後の事業についてのご説明です。

今後ともよろしくお願いいたしました

歯科医師から噛むことの大切さ

噛むことで認知症は改善される 

昨年2019年11月15日に日本外国特派員協会(通称外国人記者クラブ)にて3名の歯科医師たちが報道とは別な「朝会」を開催いたしました。ここで、咀嚼(そしゃく)が、脳への良い影響があり、認知症が改善されことが解明されたことを発表しました。

歯並びのいい人は長生きできる
日本顎咬合学会 (本のお買い求めはこちらから)

生老病死

超高齢社会の問題は入れ歯が出来てからすぐに亡くなることもあり、QoLを追求するに早急に対応する必要があります。
噛めないのは入れ歯に問題があると先生たちは検証されており、噛み合わせを調整することで首の調整も見られています。
これからの超高齢化社会をどのように元気に過ごすかが課題となります。

うまく噛めない、喋れない問題の多くは噛み合わせが悪いからだと指摘されています。若い人でもガムを噛むことは良いことで、顎の筋肉を鍛えます。もちろん、高齢者にはもっと良いことです。

続きを読む

生前契約が大切な理由

生前契約=葬儀のみ ではありません

そこにはもちろん遺言が必要です
そこには、もちろん弁護士や司法書士などが必要です
自分だけが自分の死を知らされてなく、最期を迎えることこそ惨めだと思いませんか?
最期こそやりたかったことを成し遂げるのも人生です

家族、そして親子とは?

遺言は亡くなってからの執行です。
生前契約があれば生きている間にどうしたいかも考えることができるでしょう。

諦めないで欲しいです。

続きを読む

生前契約っていつ頃から?

生前契約という言葉はいつから出来たのだろうか?

もともとはアメリカが発祥の地だと言われています。

アメリカではすべてが契約の社会であるからです。

余談を言えば、姉もアメリカ人と結婚して離婚の場合、財産分与をどうするかとか契約で行っていました(実際、それがきちんと通るか否かは別問題だが)。

生前と契約、死後と契約は扱いが違う

死んだら契約が無効になる

何かあったゆえに誰が支払うのかなどもあり、死んだ者が勝つという悪法もあるが今ではそうまかり通らない。それゆえに保証人制度がある。

実際、亡くなったら生前中に交わしていた契約が死後のことを記述なければその場で契約は消滅することもある。

だからこそ、今では「死後事務委任契約」というのがあり、死んだらどうして欲しいかという契約がある。

さて、生前に契約というのは、米国では先払いもある。

しかし、米国の場合、複雑な事情もある。
つまり、葬儀社は車の運転免許と同じに有効期限があるので
、州によって期間は変わるが「免許」なので更新が必要である。

さらに葬儀社とエンバーマーも違う資格である。

米国の葬儀業界のNFDAから検索したら色々と出てきたのでMA州を例に紹介します。
マサチューセッツ州で言えば毎年の更新が必要であり、資格によって費用も変わることがわかります。

https://licensing.reg.state.ma.us/public/dpl_fees/dpl_fees_results.asp?board_code=EM

葬儀社に務めることで「アシスタント」としても登録が必要で費用が発生する。

次に日本ではというと、ある意味、互助会システムがそれに近い。

先払いで祭壇を契約した。

単なる積立金の契約ではなく、葬儀はこの仕組(祭壇や棺–ハード)でという形での契約が多かった。ここがまた物議を醸したことはいうまでもないです。

いつくるかわからない役務に対する割賦販売法の落とし穴ありました。

30年後に同じ金額でできるかと言われたら、それをやらねばならない。

経産省(当時の通産省)の先見の眼のなさとその場しのぎだった。

生前契約=支払いということもはないので注意していただきたいです。

つぎに契約をするのが本人なのか、家族なのかで変わります。
だからこそ、保険会社が色々と葬儀保健を提供してきたのも伺えます。

では、「家族」の定義はなにか?

これがまた難しい。

昨今、テレビで流行った契約家族的な(綾瀬はるかさん主演の18年のTBS系「義母と娘のブルース」)ことが起こりうることを想定していない。

 

公式サイト http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/ より

先ほど書いた、米国での契約も似ているが、これが最先端に近いのではと。

その中で「契約家族」という言葉をGoogle検索したら一番トップにでてきたのが「りすシステム」だった。

 

松島如戎先生は私の知り合いで、同じ日本葬送文化学会に所属している巣鴨の功徳院すがも平和霊苑の住職である。

「家族」という形態が変わろうとしている中、未だに日本は男女だのXとYの染色体だの、内縁関係は否定だの悪法・悪税とも言える相続税を複雑化して押し付ける。
これだと終活も生前契約も難しくなる。
ここからが知恵の出しようになります。
家族、資産、相続、税金、お墓のことを考えますと軽々しく死ねなくではなく、死なせてくれない時代が更に強くなりそうです。