Podcast jFuneral 20200328 名義変更は早めに

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「名義変更は早めに」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

亡くなってからの名義変更が難しい問題を起こしたりすることがあります。
とくに不動産関係は、納得されない人たちもいたりします。
生前中に話し合うことがとっても大切です。
しかも、銀行口座は死後、凍結されますので、厄介です。
もちろん、引き出せますが、家庭裁判所へ行かなくてもいいのですが(詳しくは3月7日の投稿を)、厄介です。

更に、昨日もお伝えしたように不動産に掛かる相続税が大半を占めます。
これをどう圧縮するかを考える必要があります。

更に銀行へ行って、預金残高証明書を「全店照会」で取ってきてください。
これでその日以後に勝手に動かした人がいないかもわかります。

次には土地を空き家や更地にすることは固定資産税が6倍に掛かるだけです。
できるだけ早く処分するか相続することが良いでしょう。
そもそも、「特定空き家」に指定されたら厄介ですし、相続が遅れることで、火災保険や電気水道ガスなども支払い続ける必要が出たら年間10万円以上ドブに捨てていることになります。

各々、相続できない事情もありますが、リフォームとかして、相続価値はそのまま、しかし不動産評価額は上げることができます。