葬儀

Podcast jFuneral 20200404 身近に死がない

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「身近に死がない時代」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

高齢化社会にて死がほとんど身近に感じ取れない時代になりました。
有名人が亡くならない限り、誰も身近に死があるとは感じ取れない。
それは幸せなことであり、悪いことではありません。
今でもアフリカでは平均寿命が45歳とかはいくらでもあります。
そんな中、全国のお茶の間を笑いで楽しませてくれた志村けんさんの死、更についこの間お亡くなりになった岡江久美子さんの死、工業会ではオムロン立石会長の死などで話題になりました。もっともっと多くの方々がコロナウィルスにて亡くなっています。

しかし、それだけではすぐに人は忘れてしまいます。
Hide.の死、ZARDの死、当時のアイドル岡田有希子の死、それどころか、美空ひばりの死、ジェームズ・ボンド役のロジャー・ムーアの死、樹木希林の死など多くあります。
書ききれないですが、あまり身近でない人たちにはパッときません。

葬儀社が何を出来るかを考えてみました。

続きを読む »Podcast jFuneral 20200404 身近に死がない

Podcast jFuneral 20200403 葬儀とコロナ

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「葬儀とコロナ」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

今、葬儀場でコロナ対策は何をしているかというと、消毒しかありません。
まして、皆さんが注意しているので大きい葬儀はだいぶ減りました。
下手したら親族を呼ばずに本当に直接の家族のみ、数名だけの葬儀になっています。

では葬儀で色々な課題があります。
まず病院でもし罹患者がお亡くなりになった場合(今回は志村けんさんなど)は病院で納体袋を二重にします。
そこで棺に入れてしまいます。
棺を開けられないように封します。

空気感染はしませんが、遺族に開けられたりするのを避けるためにテープやビニールを撒いて封します。お気持ちはわかりますが、それしかありません。
そして火葬手続きをし、火葬場へ向かいます。

では、どんな状態で葬儀場で感染する可能性があるか?

続きを読む »Podcast jFuneral 20200403 葬儀とコロナ

生前契約が大切な理由

生前契約=葬儀のみ ではありません

そこにはもちろん遺言が必要です
そこには、もちろん弁護士や司法書士などが必要です
自分だけが自分の死を知らされてなく、最期を迎えることこそ惨めだと思いませんか?
最期こそやりたかったことを成し遂げるのも人生です

家族、そして親子とは?

遺言は亡くなってからの執行です。
生前契約があれば生きている間にどうしたいかも考えることができるでしょう。

諦めないで欲しいです。

続きを読む »生前契約が大切な理由

生前契約っていつ頃から?

生前契約という言葉はいつから出来たのだろうか? もともとはアメリカが発祥の地だと言われています。 アメリカではすべてが契約の社会であるからです。 余談を言えば、姉もアメリカ人と結婚して離婚の場合、財産分与をどうするかとか… 続きを読む »生前契約っていつ頃から?

お彼岸はお墓の手入れ

こんにちは
ちょっとご無沙汰しすぎてました。
ちょうど1ヶ月前にエンディング産業展が終わり、まだその後始末?をしてます。

さて、お墓のことです。
今日、1ヶ月ぶりにお墓参りをして参りました。
その間に台風10号から色々ときて、明日は17号。
前回もかなり掃除をしてきましたが、今回も荒れてました。
私が訪れたあとに親族で誰かお墓参りした形跡がありましたが、墓石に備え付けのスチール製の花挿が吹っ飛んでいました。

今日のお話は墓終いです。

続きを読む »お彼岸はお墓の手入れ

過剰なケアと死を迎える パート2

昨日、SevenPonds.comで1周間前のインタビューの更新がありました。
それをご紹介いたします。

Why Are Patient’s and Physician’s Psychological Attributes Important in End-of-Life Care?

ここではどこまで終末医療に患者の言うことを聞き入れるかが課題になりました。
まず、終末医療でどういうものなのか?

終末医療は末期の人たちをどのように旅立ちをするかの医療とも言えます。
本人が死を迎えるための準備でもあるなか、周囲も準備を進めることでもある。

続きを読む »過剰なケアと死を迎える パート2