法改正」タグアーカイブ

Podcast jFuneral 20200330 相続税法改正

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は2019年1月1日から施行された「相続税法改正」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

ここのサイトでも2018年10月6日と同年11月8日に二度に渡って40年ぶりに相続税法が改正されるとお伝えしてきました。
それの説明のPodcastです。

ハッキリ言えば、物足らないけど前に進んでいることは確かです。
その後、15ヶ月も経ちましたが、どうなったことやらと。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200318 各遺言書の長所短所

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「自筆証書遺言と公正証書遺言書の簡単な長所短所」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

遺言書には3種類あります:
自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言

一番最初にどっちの遺言書を書けばいいのかな〜って悩むことがあります。
試しに自筆証書遺言を書いてみて、それを清書して公正証書遺言書にするのもいいアイデアです。
秘密証書遺言は書いてからどうするかを考えてもいいのです。どうせ秘密なんですから。

公正証書遺言はちゃんとしているけど、費用が掛かる
しかし、自分が亡くなったときでも安心して遺言書が発見される
このメリットは大きいですよ

Podcast jFuneral 20200311 女はツライよ

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「女はツライよ」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

3月11日は・・・あの日です

日本の女性は常に苦しみを虐げられています。
今日、4月1日ですが、今日から同一労働同一賃金が厳しくなります(当然)
つまり中小企業に於いても大企業並みの上限が課せられます。
んで、女性は?

女性(奥さん)は5人を介護する

熟年離婚の話をこの前しました

続きを読む

Podcast jFuneral 20200306 遺言の注意事項

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「遺言を書いているときの注意事項」の内容です

jfuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。
ちなみに、この3月6日のビデオを作っているときのエンドロールの「ご清聴ありがとございました」が「ありがとうござました」で「い」が抜けていたのに気づきました(笑)

さて、この注意事項は、どんな人が遺言書を書けるのかというお話と、きちんとエンディングノートを併用して書いていこうということです。

約20年くらいまでこの法律ですら差別がありました。
なぜこういう法律がこんな時代まであったのかが不思議でたまりません。

生前契約が大切な理由

生前契約=葬儀のみ ではありません

そこにはもちろん遺言が必要です
そこには、もちろん弁護士や司法書士などが必要です
自分だけが自分の死を知らされてなく、最期を迎えることこそ惨めだと思いませんか?
最期こそやりたかったことを成し遂げるのも人生です

家族、そして親子とは?

遺言は亡くなってからの執行です。
生前契約があれば生きている間にどうしたいかも考えることができるでしょう。

諦めないで欲しいです。

続きを読む

相続税法改正執行は来年1月から

法務省が相続税について法律を改正しました。
平成30年7月6日 参議院本会議において法案の可決・成立

昭和55年以降、40年ぶりの改正だそうです。
しかし、全体的に見てもまだ現状(21世紀)で納得できる内容ではないと個人的に感じてますが、少なくとも昭和から一歩抜け出しました。

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00222.html

変更個所は:

http://www.moj.go.jp/content/001263586.pdf

  1. 配偶者の居住権を保護するための方策について
  2. 遺産分割に関する見直し等
  3. 遺言制度に関する見直し
  4. 遺留分制度に関する見直し
  5. 相続の効力等に関する見直し
  6. 相続人以外の者の貢献を考慮するための方策
  7. その他