不動産」タグアーカイブ

Podcast jFuneral 20200405 相続手続きの順番

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「相続手続きは期限と順番があります」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました

まず、ヤマ場が3つあります。
3ヶ月目、4ヶ月目、そして10ヶ月目。
この時が一番たいへん。

まず3ヶ月以内に相続するかしないか(相続放棄)。
相続放棄をすると債権者は次の相続する人たちへ債権を求めていきます。
それもお忘れずに。そのあとも、あとも繰り返されます。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200401 配偶者居住権

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「配偶者居住権」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

こちらでもいく度も配偶者居住権の話をいたしております。
ご主人を亡くして、奥様とお子さんが相続し、住宅をどう分割するかなど・・・
更に住宅の税金でやむを得ず現金化し、相続せねばならなくなり、住むところを失う悪法が長い間ずっとありました。
昨年改正されてやっと4月1日から配偶者居住権が実施されるようになりました。

さて、これには落とし穴があることをお忘れずに!
落とし穴と言うのは、税金です。
奥様が生前中にやはり、配偶者居住権要らないわと言って子どもたちに住宅を相続したら、相続税がドカ〜ンと。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200328 名義変更は早めに

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「名義変更は早めに」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

亡くなってからの名義変更が難しい問題を起こしたりすることがあります。
とくに不動産関係は、納得されない人たちもいたりします。
生前中に話し合うことがとっても大切です。
しかも、銀行口座は死後、凍結されますので、厄介です。
もちろん、引き出せますが、家庭裁判所へ行かなくてもいいのですが(詳しくは3月7日の投稿を)、厄介です。

更に、昨日もお伝えしたように不動産に掛かる相続税が大半を占めます。
これをどう圧縮するかを考える必要があります。

更に銀行へ行って、預金残高証明書を「全店照会」で取ってきてください。
これでその日以後に勝手に動かした人がいないかもわかります。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200327 相続評価と時価評価

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「不動産での相続評価vs時価評価」内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

相続評価が高いというまでもなく、相続税が高いです。
時価評価が高いと高く売れます。
ここがディレンマです!!!

考えなくてもおわかりですよね。
相続税の大半が不動産に関わる税金です。
なぜなら日本は土地代金が高いからです。
田舎だとそうでもないですが、その場合、相続評価も時価評価も安い。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200326 お荷物不動産の注意

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「お荷物不動産の注意」内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

お荷物不動産とはどういうものなのか。
自分の持っている不動産はお荷物なのか?
お荷物は処分できるのか?

実は、我が家(実家)もかなり持っているので他人事ではないのです。
なぜ、こういうモノを入手してしまうのか。
原野商法には入らないけど(そういう物件に近い・・・)

 

Podcast jFuneral 20200325 不動産活用で注意

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「不動産活用で注意する」内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

昨日のも注意することですが、昨日のは税金をなるべく支払わないように注意です。
実は、これこそ 裁判沙汰になっている ことがいくつかあります
騙すように建てさせていると言っても過言ではないかと思います。
必ず契約には弁護士や税理士をつけてください。

実は、「XX年一括借上」で入居者がないので、ローンが支払えないという問題です。
これって、賃料を保証しているわけではないという逃げ口があります。
こういうのを注意して欲しいです。

とくに高齢者のマンションやアパート経営参入にはよくある話です。
下手したら、空き家状態!

 

 

Podcast jFuneral 20200324 不動産活用にて相続税を下げる

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「不動産活用で相続税対策」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

不動産活用で税金の払いすぎに注意するところがいくつかあります
とくに高齢者のマンションやアパート経営参入にはよくある話です。
または必要なくなった不動産を手放すこともかなりあります。
そして、不動産はすぐ売れないと思ってください。

きちんと鑑定評価をしてください。
慣れていない人もおります。
不動産と税金は専門家チームが必要です。

続きを読む