ウォーレン・バフェット氏の遺言執行

久しぶりの投稿です。
本当はたくさん書きたいことがあるのですが、日々の喧騒に心が折れて情報を発信できてないです。

さて、今日の話題は投資家のウォーレン・バフェット氏の遺言執行をどうするかと。
至って簡単とのことです。

ウォーレン・バフェット氏が遺言執行者に語った「死後の運用方法」がシンプルすぎる

「現金資産の10%を国債、残り90%を低コストのS&Pインデックスファンド」へと!

確かにわかりやすいです。
日本もこんな簡単にできると良いのですが、日本の場合、死者の財産の分割=相続権が発生します。こんな単純にはいかないのです。

ちなみに「たわけ!」と言う言葉は江戸時代に相続で田んぼを分ける(田分け)から来るそうです。1→0.5→0.25→0.125→0.0625→0.03125・・・
つまり、5代も相続人(配偶者)1人を見た場合で分けていくと、どんどん小さくなっていきます。5代目にはほとんど財産がない悲しい運命の日本。

こうならないように資産を増やしていくしかないのが現状です。
さて、この資産の増やし方として株への投資に関してバフェット氏は書いているみたいです。

他人に任せるな

自己責任と自分が管理しないとパフォーマンスは落ちるよと。
しかし、そのノウハウがない場合、どこで仕入れるのか。
鶏と卵みたいな状態ですが、今ではネットで探せば色々と情報が出てます。
割高かどうかわかりませんが、投資家になる講習会などもあります。

では、良い日を!

コメントは停止中です。