月別アーカイブ: 4月 2020

Podcast jFuneral 20200404 身近に死がない

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「身近に死がない時代」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

高齢化社会にて死がほとんど身近に感じ取れない時代になりました。
有名人が亡くならない限り、誰も身近に死があるとは感じ取れない。
それは幸せなことであり、悪いことではありません。
今でもアフリカでは平均寿命が45歳とかはいくらでもあります。
そんな中、全国のお茶の間を笑いで楽しませてくれた志村けんさんの死、更についこの間お亡くなりになった岡江久美子さんの死、工業会ではオムロン立石会長の死などで話題になりました。もっともっと多くの方々がコロナウィルスにて亡くなっています。

しかし、それだけではすぐに人は忘れてしまいます。
Hide.の死、ZARDの死、当時のアイドル岡田有希子の死、それどころか、美空ひばりの死、ジェームズ・ボンド役のロジャー・ムーアの死、樹木希林の死など多くあります。
書ききれないですが、あまり身近でない人たちにはパッときません。

葬儀社が何を出来るかを考えてみました。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200403 葬儀とコロナ

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「葬儀とコロナ」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

今、葬儀場でコロナ対策は何をしているかというと、消毒しかありません。
まして、皆さんが注意しているので大きい葬儀はだいぶ減りました。
下手したら親族を呼ばずに本当に直接の家族のみ、数名だけの葬儀になっています。

では葬儀で色々な課題があります。
まず病院でもし罹患者がお亡くなりになった場合(今回は志村けんさんなど)は病院で納体袋を二重にします。
そこで棺に入れてしまいます。
棺を開けられないように封します。

空気感染はしませんが、遺族に開けられたりするのを避けるためにテープやビニールを撒いて封します。お気持ちはわかりますが、それしかありません。
そして火葬手続きをし、火葬場へ向かいます。

では、どんな状態で葬儀場で感染する可能性があるか?

続きを読む

Podcast jFuneral 20200402 相続・遺言でモメることは

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「遺言書があってもモメる」内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

さて、皆さんは遺言書があってもモメないと思われるでしょうけど、実はモメます。
まして、法定相続人の法定相続分や遺留分をきちんと理解していないで書いた自筆証書遺言書の場合は。

それどころか公正証書遺言でもモメます。
それや、アニキがこれでオレがこっちで、対価は一緒だけどそっちが欲しいとか。
欲をかくとではなく、誰が何に必要かと言うことです。

まして、遺言が書かれたときが認知症だったり、しかも軽度な認知症でも、内緒の小遣い(どこかの国の首相みたいにお母さんからものすごいお小遣いをもらっていたりw)、口約束、えこひいき、隠し財産があったりしたら本末転倒。

そこまで行きますと、やはり争族になり、弁護士が入るようになります。
間違えなく税務署も(笑)
下手したら重加算税まで!

Podcast jFuneral 20200401 配偶者居住権

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「配偶者居住権」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

こちらでもいく度も配偶者居住権の話をいたしております。
ご主人を亡くして、奥様とお子さんが相続し、住宅をどう分割するかなど・・・
更に住宅の税金でやむを得ず現金化し、相続せねばならなくなり、住むところを失う悪法が長い間ずっとありました。
昨年改正されてやっと4月1日から配偶者居住権が実施されるようになりました。

さて、これには落とし穴があることをお忘れずに!
落とし穴と言うのは、税金です。
奥様が生前中にやはり、配偶者居住権要らないわと言って子どもたちに住宅を相続したら、相続税がドカ〜ンと。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200331 保険金受取後の税金

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「保険金を受けった後の税金」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

税金制度は知れば知るほど、人々を疲弊させて、苦しめるようにできているとつくづく感じるこの日々です。
コロナでやられるよりも、政府による営業自粛と必要以上に税金を奪取するように税法が複雑にできているなと。(笑)

契約者、被保険者、受取人、保険事由で税金が変わります
マトリクスがあります


続きを読む

Podcast jFuneral 20200330 相続税法改正

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は2019年1月1日から施行された「相続税法改正」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

ここのサイトでも2018年10月6日と同年11月8日に二度に渡って40年ぶりに相続税法が改正されるとお伝えしてきました。
それの説明のPodcastです。

ハッキリ言えば、物足らないけど前に進んでいることは確かです。
その後、15ヶ月も経ちましたが、どうなったことやらと。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200328 名義変更は早めに

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「名義変更は早めに」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

亡くなってからの名義変更が難しい問題を起こしたりすることがあります。
とくに不動産関係は、納得されない人たちもいたりします。
生前中に話し合うことがとっても大切です。
しかも、銀行口座は死後、凍結されますので、厄介です。
もちろん、引き出せますが、家庭裁判所へ行かなくてもいいのですが(詳しくは3月7日の投稿を)、厄介です。

更に、昨日もお伝えしたように不動産に掛かる相続税が大半を占めます。
これをどう圧縮するかを考える必要があります。

更に銀行へ行って、預金残高証明書を「全店照会」で取ってきてください。
これでその日以後に勝手に動かした人がいないかもわかります。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200327 相続評価と時価評価

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「不動産での相続評価vs時価評価」内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

相続評価が高いというまでもなく、相続税が高いです。
時価評価が高いと高く売れます。
ここがディレンマです!!!

考えなくてもおわかりですよね。
相続税の大半が不動産に関わる税金です。
なぜなら日本は土地代金が高いからです。
田舎だとそうでもないですが、その場合、相続評価も時価評価も安い。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200326 お荷物不動産の注意

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「お荷物不動産の注意」内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

お荷物不動産とはどういうものなのか。
自分の持っている不動産はお荷物なのか?
お荷物は処分できるのか?

実は、我が家(実家)もかなり持っているので他人事ではないのです。
なぜ、こういうモノを入手してしまうのか。
原野商法には入らないけど(そういう物件に近い・・・)

 

Podcast jFuneral 20200325 不動産活用で注意

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「不動産活用で注意する」内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

昨日のも注意することですが、昨日のは税金をなるべく支払わないように注意です。
実は、これこそ 裁判沙汰になっている ことがいくつかあります
騙すように建てさせていると言っても過言ではないかと思います。
必ず契約には弁護士や税理士をつけてください。

実は、「XX年一括借上」で入居者がないので、ローンが支払えないという問題です。
これって、賃料を保証しているわけではないという逃げ口があります。
こういうのを注意して欲しいです。

とくに高齢者のマンションやアパート経営参入にはよくある話です。
下手したら、空き家状態!