月別アーカイブ: 7月 2017

小さなお子さんを失って

ここでは政治や司法の仕組みの発言をするのは初めてですが、人の突然の死に関わることなので書かずにはいられませんでした。

埼玉県幸手市で起きた悲劇です。
9歳のお子さんが飲酒運転と思われる人に速度超過及びノーブレーキでひかれて殺害されました。
ご両親はすごく悲しい思いをされていらっしゃいます。
私もカークラブに所属していたころ、交通事故でご両親を失ったお子さんたちへのサポートで毎年クラブを通じて寄付をしていました。
今回の悲劇でお子さんが犠牲になりました。

これが Change.org の案内で、署名してきました:

以下のキャンペーンに賛同をお願いします!「前を全く見ずに運転し、横断歩道上の息子(9歳)をノンブレーキでひき殺した犯人に厳罰を強く求めます」  @change_jpさんから

この悲劇は相続・遺言の課題を大きく上回っています。
遺言があろうが、なかろうが、まずこのような犯罪を食い止める必要があります。
この記事には、犯人の年齢や名前が記載されていませんが調べたら22歳の青年。

交通事故 小学3年生の伊藤乃梧くん(9)が内藤周史容疑者(22)の乗用車にはねられ重体 埼玉県幸手市上高野の市道

お子さんを亡くされた時はもっとも悲しいご葬儀です。
こう言う悲劇が起こらないように心がけたいです。

贈り(送り)のことば

もう5年前になります。
金沢の金箔職人の友人であるモトアキ工芸の社長の本明さんから葬儀ではない展示会で紹介された会社で、先方は覚えていないかも知れませんが(こっちも忘れていた)、鳩の形をした形状記憶紙を使ってお別れのことばを書いたものを棺に入れたものを作ったエヌケーさんの商品をご紹介しました。

続編を一昨年、姉妹サイトの http://jfuneral.com にも書きました。

さて、あれから5年が経ちまして、葬儀も変わってきました。
そして、この商品の価格もだいぶ下がったのも確認しました。
それなら、葬儀屋さんへご提案。

生花の価格は決して安くないです。
お花をお別れのときに棺の中に入れるのはいいとして、しかしもっと心に残ることをしませんか?

続きを読む

肖像画

ご葬儀に於いて遺影が必要です
遺影無き葬儀をされることはほとんどありません。
どこからか、誰かが昔の小さなお写真を持ってこられます。
遺影を作る会社から発展した当社(Y.E.Y. イエイ)は遺影について色々と研究して参りました。

さて、遺影の問題は写真です。
それをどこに飾るかで変わります。
当社は法人化前の1993年から技術としてご葬儀に使われる遺影を作ってきました。ここには銀塩写真もあれば、フォトショップを利用したデジタル画像もありました。

中には「デジタル出力は写真ではない」と食い下がるお客様もいらっしゃいましたが、今ではそのようなことを仰る方は誰しもおりません。

続きを読む