ゆいごん」カテゴリーアーカイブ

Podcast jFuneral 20200410 事業継承での注意点

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「事業継承の注意点」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

まず事業継承と事業承継の違いはおわかりでしょうか?
ポッドキャストではここには触れませんでしたけど。
継承と言うのは事務、財産、権利を引き継ぐこと。
承継と言うのは仕事、事業を引き継ぐこと。

今回は財産の話なので「継承」を使いました

事業継承も承継も、5年先、10年先を見越して考える必要があります。
まして小さい会社は誰を後継者にするか、廃業するかなども、なので財産を引き継いでいるので「継承」にしました。
会社というのは相続がありません。
BCP (Business Continuity Plan) を考えると承継に近いのは、事業や義務、法的な役務を引き継ぐ形になるからです。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200409 遺産分割

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「遺産分割」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

遺産分割は3種類あります。
現物分割、換価分割、代償分割

しかし、この場合はすでに 相続が争族 になっているころです。

遺産分割についてはどういうことが出来るのか

まずは全員のために節税をメインに考えるのと、控除がないかを。
最後に笑うのが税務署だと言うのは癪に障りますので。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200406 デジタル遺産

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「デジタル遺産をどうするか」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

まず、デジタル遺産というのは何かを考える必要があります。
そして、次にあなたが遺しているデジタル情報、つまりあなたの足跡(デジタルフットプリント)。

そこに、あなたはサブスクリプション系のサービスを得ていますか?

一番管理しづらいものはあなたのハードディスクに入っている情報ではなく、クラウド上に点在している情報です。
ハードディスクの場合、パスワードがかかっていても、実は裏技を使えばデータを取り出せることも出来ます。これはハードディスク全体が暗号化されていないという前提ですが。

まず、生前中にどのような有料クラウドサービスをご利用されているか、書き出してください。更に他のSNSも。大切なのは有料(課金制)を把握することです。

有料: Dropbox, Evernote, Adobe, Microsoft, Google, ホームページ, Zoom, Vimeo, ニコニコ動画など
無料: Facebook, Twitter, Ameblo, wordpress, Yahoo ID など

続きを読む

Podcast jFuneral 20200404 身近に死がない

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「身近に死がない時代」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

高齢化社会にて死がほとんど身近に感じ取れない時代になりました。
有名人が亡くならない限り、誰も身近に死があるとは感じ取れない。
それは幸せなことであり、悪いことではありません。
今でもアフリカでは平均寿命が45歳とかはいくらでもあります。
そんな中、全国のお茶の間を笑いで楽しませてくれた志村けんさんの死、更についこの間お亡くなりになった岡江久美子さんの死、工業会ではオムロン立石会長の死などで話題になりました。もっともっと多くの方々がコロナウィルスにて亡くなっています。

しかし、それだけではすぐに人は忘れてしまいます。
Hide.の死、ZARDの死、当時のアイドル岡田有希子の死、それどころか、美空ひばりの死、ジェームズ・ボンド役のロジャー・ムーアの死、樹木希林の死など多くあります。
書ききれないですが、あまり身近でない人たちにはパッときません。

葬儀社が何を出来るかを考えてみました。

続きを読む

Podcast jFuneral 20200402 相続・遺言でモメることは

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「遺言書があってもモメる」内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

さて、皆さんは遺言書があってもモメないと思われるでしょうけど、実はモメます。
まして、法定相続人の法定相続分や遺留分をきちんと理解していないで書いた自筆証書遺言書の場合は。

それどころか公正証書遺言でもモメます。
それや、アニキがこれでオレがこっちで、対価は一緒だけどそっちが欲しいとか。
欲をかくとではなく、誰が何に必要かと言うことです。

まして、遺言が書かれたときが認知症だったり、しかも軽度な認知症でも、内緒の小遣い(どこかの国の首相みたいにお母さんからものすごいお小遣いをもらっていたりw)、口約束、えこひいき、隠し財産があったりしたら本末転倒。

そこまで行きますと、やはり争族になり、弁護士が入るようになります。
間違えなく税務署も(笑)
下手したら重加算税まで!

Podcast jFuneral 20200323 再婚相手の子供

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「再婚相手の子供に相続させたくない」の内容です
再婚して、連れ子へ相続したくないことはあります。
それは、前妻との間に血のつながったお子さんがいたらなおさら。

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

自分にも前妻との間でお子さんがいた場合、どっちに財産を残すか切実な問題です

 

血がつながった家族へ遺したいのは人情です。
とくに不動産などの大きな財産。
しかし、再婚後に取得した財産はそうならないし、そうさせてはいけない。
再婚前の財産は遺言で指定しておくことが大切です。
しかし、再婚後に築き上げた財産は奥さんとそのお子さんへ残すことが円満解決だと思います。

Podcast jFuneral 20200322 葬儀も遺言で指定

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「お葬式も遺言で指定」の内容です
ご家族が色々な宗教や異なった宗派だと混乱を招きます

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

お願いだから葬儀屋さんに決めさせないで!
いや、決めませんので!

昔、本当に私が担当した仕事であった話です。
「葬儀屋さん、決めて」って言われて困惑しました(笑)
それは皆さん、ご家族・ご親族の話し合いでお願いをいたしました。

Podcast jFuneral 20200321 著作権と相続

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「著作権と相続」の内容です
そこで「見えない財産の継承」の話です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

著作権は支分権の宝庫です

こんなに面倒な権利はたぶんないかも。

ウェブリオの支分権:
https://www.weblio.jp/content/%E6%94%AF%E5%88%86%E6%A8%A9

まず、JASRACの内容もご確認ください
https://www.jasrac.or.jp/copyright/outline/
ここでも「著作権は支分権の束」と記載されています・・・

続きを読む

Podcast jFuneral 20200318 各遺言書の長所短所

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「自筆証書遺言と公正証書遺言書の簡単な長所短所」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

遺言書には3種類あります:
自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言

一番最初にどっちの遺言書を書けばいいのかな〜って悩むことがあります。
試しに自筆証書遺言を書いてみて、それを清書して公正証書遺言書にするのもいいアイデアです。
秘密証書遺言は書いてからどうするかを考えてもいいのです。どうせ秘密なんですから。

公正証書遺言はちゃんとしているけど、費用が掛かる
しかし、自分が亡くなったときでも安心して遺言書が発見される
このメリットは大きいですよ

Podcast jFuneral 20200317 老後準備ノート

こんにちは、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
今日のお話は「老後の準備のためにノートを作る」の内容です

jFuneralのブログでも書いてますが、こちらでもフォーマットを変更して書きます。
タイムラグにてこちらにもフォローを入れながらYouTubeにアップしました。

人生が長いので、いつどうなるかわかりません。
しかし、目標を立てるのは良いことです。
「老後準備ノート」を一緒に作りませんか?

「エンディングノート」が先に頭に浮かびますよね

エンディングノートと違って、売ってはいません。
しかし、その分、ご自身で工夫しながら作れます。
それはボケ防止にも役立ちます!

そして遺言には書けることが決まっています。
どうしても残したいことがあれば「付言事項」として書き足します